ステージからのお知らせ詳細

2012.07.20
第6回ロボレース開催

コース説明


7月20日(金)、本学104教室において、生産システムステージ(リカレントクラス)1年生による、第6回ロボレースが開催されました。ピンポン球を運ぶのにかかる時間を競うレースで、各チーム3、4人ずつ、5チームが参加しました。
コースは、?のジャリ道の小山を通過し、角度30の勾配を登ったところにあるピンポン球を3個取ります(?積み込み場)。坂を下り、再びジャリ道を通って、高さ80センチのところにある?の設置場にピンポン球を置くというものです。

コース攻略に四苦八苦


コースに合わせた車体の設計や、軽いピンポン球を捕らえる方法について、チーム内でいろいろ検討されました。足回りはタイヤ式とクローラ(キャタピラ)式それぞれの利点、欠点を考慮し、重心を低くする仕組みも試行錯誤を繰り返しながら決定していきました。

優勝した「チームE」のロボットカー


ピンポン球を捕らえるには掴むのが一般的ですが、優勝したチームは掃除機で吸い込むというアイデアが功を奏しました。
掃除機を象に見立てたユニークなデザインも良かったです。
このレースは10月14日に行われる、どんどん祭り内の学園祭でも披露されますので、楽しみにしていてください。

 <<ステージからのお知らせ一覧