ステージからのお知らせ詳細

2010.11.29
富山地区工場見学

コマツキャステックス見学


11月25日、富山の3つの工場を見学しました。
まず、コマツキャステックス(KCX)に行きました。KCXは、氷見にあり、鋳造を主事業とする会社です。鋳造とは、溶かした金属を鋳型(いがた)に入れて部品を作る方法です。会議室で鋳造に関する説明を聞き、実際の製造現場を見学しました。

鋳型に入れる瞬間


溶鉱炉から取り出された金属を、鋳型に注いでいるところです。その温度は、1500度にもなるそうで、熱気がここまで伝わって来そうです。

コマツNTCとタカギセイコー見学


次にコマツNTCの見学をしました。コマツNTCは、トランスフアーマシン(自動搬送複合工作機械)の製造メーカーです。トランスフフアーマシンとは、削ったり穴を空けたりする機械群を制御し、そこに部品を流して成型する装置です。この会社は、技術伝承にも力を入れており、多くの研修が行われていました。
最後に、タカギセイコーを見学しました。タカギセイコーはプラスチック部品の製造会社です。金属のように鋳型に入れたり、回転させて遠心力で成型する機械がありました。

 <<ステージからのお知らせ一覧