ステージからのお知らせ詳細

2014.05.29
医療職のための対人マナー講座を開講

現場で求められる「高いコミュニケーションスキル」


医療現場で活躍するためには、国家試験合格や各種資格の取得のための勉強だけでなく、他の医療スタッフや患者様と円滑な意思疎通を図るためのコミュニケーションスキル、一般常識、マナーを身につける必要があります。

4回に分けて講座を実施します


臨床工学ステージでは、1年次生を対象に、「医療職のための対人マナー講座」を開講しています。講座では、臨床心理士の資格を持つ講師の先生から、「上手な敬語の使い方」「印象の良い身だしなみ」「日常の会話術」「社会生活のマナー」を学びます。

「印象の良い人の特徴」についてグループで話し合いました


各グループで出た意見を黒板に書き出すことで、他人に与える印象に関係する要因が整理できました。感じていても、それを書き出すことは本当に難しいですね。

相手の立場に立って考える重要性を確認しました


グループワークを中心とした講座の中で、普段意識しなかった自分の話し方の特徴など、様々な気づきが得られているようです。あいづち、視線、表情など、少し意識を変えるだけで相手に与える印象が大きく変わります。気が付かないところで相手に不愉快な思いをさせないよう、参加学生は熱心に自分の行動を振り返っていました。

 <<ステージからのお知らせ一覧