大学からのお知らせ詳細

2014.04.23
マナー講座を行いました

地元企業との連携による学外学習


4月23日(木)、科目「キャリアデザインI」履修生およそ30名が、ホテルサンルート小松におけるマナー講座に参加し、コース料理を楽しみながら食事をする際の心構えや注意点を学んできました。基本的な約束ごとを守ることは、テーブルを共にする相手と食事を楽しむ上で大切であるということを、この講座を通じて改めて理解してきました。

スープを頂くときのポイント


音を立てずにスープを頂くためのコツも学びました。座り方やテーブルと身体の間の適切な間隔などを確認したうえで、ポタージュスープを頂きました。(残念ながらその様子は撮影していませんでした)

ナイフとフォークを使うときの注意


ナイフやフォークを皿にあてて音を立てないこともマナーの一つ。学生は慣れた手つきでナイフとフォークを扱い、ステーキの味を堪能していました。

今年もありがとうございました。

このマナー講座は2012年度から始まり、今年で3回目となりました。ホテルサンルート小松さまには、毎回、おいしい食事を提供頂くだけでなく、マナーやホテル業界、サービス職に関する講演をして頂いております。ご協力いただきました関係者の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

 <<大学からの一覧