臨床工学実験室施設・設備

HOME>施設・設備>臨床工学実験室

臨床工学実験室

臨床工学技士は、生命維持(呼吸、循環、代謝)に関する仕事や、手術に使用する医療機器の操作、あるいは超音波エコーや胃カメラなどの検査機器の操作までさまざまな場面で活躍します。
本学ではこれらの機器操作の演習ができる設備を用意しています。

人工心肺装置

臨床工学技士は、主に手術室、救急救命室、人工透析室、臨床工学部などで活躍しています。この装置は心臓の手術の時、心臓の代わりをする人工心肺装置です。

人工透析装置

これは人工透析装置の実習を行っているところです。血液透析とは慢性腎不全などにより尿毒素で汚染された血液を、きれいにして体内に戻す方法です。臨床工学技士が最も多く関わっている生命維持管理装置の一つです。

実習風景

臨床工学技士は医療と工学の知識を必要とします。実習では電気の知識や工作なども行います。臨床の現場では工学の知識が非常に重要なことが数多くあります。