ホテル業界研究とマナー講座参加学生の声航空・観光ホスピタリティステージ

HOME>各ステージからのお知らせ>ホテル業界研究とマナー講座参加学生の声

ホテル業界研究とマナー講座参加学生の声2013/4/27

テーブルマナーでの新鮮な発見

「和食では食器を持つことがマナーだが、洋食ではそのようなことは滅多にないなど、料理を食べる際の和と洋の文化の違いを感じました。」
「洋食でもイギリス式とフランス式の違いがあることを初めて知りました。スープを頂く時のスプーンの動かし方や、食事が終わったお皿へのナイフとフォークの置き方等に違いがあることを学びました。」

サービス職に必要な心構え

「サービスとはお客様に提供するものですから、お客様が今何を求めているかは、その状況を把握することが大切です。観察という行為を日常生活でも意識するようにしたいです。」
「心からの笑顔が大切なことが分かりました。お客様と目があったときは必ず笑顔で対応し、常にお客様を優先に考え、行動することで、お客様に良い気分になって頂き、また来店したいと思って頂くことが大切だと思います。」
「話しかけやすい雰囲気を出すことが大切だとの話を聞き、常に笑顔で対応して頂いたスタッフの方々の姿を見て、その雰囲気を作り出すためのエッセンスを感じ取ることができました。」

目標を再確認できました

「スタッフの方々の気配り、笑顔、雰囲気・動作、すべてが素晴らしく目に映りました。今回の講座で感じたこと、聞いたことを参考にし、最高のサービスが提供できる人材に成長したいと思いを新たにしました。自分の目標を再確認する貴重な機会となりました。」

なんといっても料理!

「ホテルでコース料理を食べるのは普段はなかなかできない経験です。フォークやナイフの持ち方などといった今回学んだ基本を、今後も機会があれば実践できるようにしたいです。」

小松短期大学
〒923-8511
石川県小松市四丁町ヌ1番地3
TEL:0761-44-3500
FAX:0761-44-3506
E-mail:info@komatsu-c.ac.jp