石川県立航空プラザでの学外授業航空・観光ホスピタリティステージ

HOME>各ステージからのお知らせ>石川県立航空プラザでの学外授業

石川県立航空プラザでの学外授業2012/5/1

航空機や航空業界に関する知識を学ぶ科目

4月27日(金)、本ステージの専門科目「航空概論I」「航空・旅行業界知識」の一環として、石川県立航空プラザで学外授業を行いました。飛行経験豊富な元機長の近藤先生が担当するこの2科目では、グローバル化が進展する航空業界・旅行業界において、お客様の立場に立ったサービスを提供するのに必要とされる知識を修得することが学習の目標として設定されています。

日本海側唯一の航空機博物館

石川県立航空プラザでは、航空機の歴史や飛行原理、安全を確保するための技術、そして空港の役割などを学ぶことができるだけでなく、戦後初の国産旅客機YS-11のフライトシミュレーターを体験するコーナーもあり、楽しみながら航空機に関する知識を深めることのできる充実した展示内容となっています。

「知識が更に深まった」「航空業界で働きたい気持ちが強くなった」

今回の学外授業は、教科書などで学んだ飛行の原理などを模型やシミュレーターで確認することを主たる目的としており、学生は3人ごとのグループに分かれ館内を動き回っていました。学生は「授業で学んだ知識がより確実なものになりました」、「航空業界で働きたいという気持ちが強くなりました」などと話していました。この学外授業を通じ学習意欲が更に高まったようです。

受付体験や館長のご講演

このほかにも、館内の受付体験や吉永館長のご講演など、他では得難い貴重な経験をさせて頂くこともできました。ご協力を頂きました石川県立航空プラザのスタッフのみなさま、ありがとうございました。このページをご覧になった方も、一度、この充実した施設に足を運ばれてはいかがでしょうか?きっと新たな発見があるはずです。
(この写真はT-33という航空機の翼の上に特別に乗せて頂き撮影しました)

小松短期大学
〒923-8511
石川県小松市四丁町ヌ1番地3
TEL:0761-44-3500
FAX:0761-44-3506
E-mail:info@komatsu-c.ac.jp