羽田空港見学を行いました(その1)航空・観光ホスピタリティステージ

HOME>各ステージからのお知らせ>羽田空港見学を行いました(その1)

羽田空港見学を行いました(その1)2013/12/9

恒例の羽田空港見学実習です

小松短期大学航空・観光ホスピタリティステージ1年生は、航空業界で必要となる安全意識の向上および実践的な知識の吸収を目的に、毎年後期に羽田空港での見学実習を行っています。今年も11月27日から28日にかけて実習を行いました。あいにくの雨の中、JL1270便にて小松空港を離陸し、1時間後には晴天に恵まれた羽田空港に到着しました。

今回は1泊2日の実習です。

今年度は、時間的に余裕をもって見学を行えるよう、また東京の一流ホテルのサービス・設備を見学するため、一泊二日の日程で見学会を実施することにしました。これから始まる2日間の見学会への期待もあってか、キャリーバックを引く学生の足取りは軽やかです。

見学会スケジュールの確認と安全上の注意

見学会をご担当頂く株式会社JALエンジニアリングの下濱様と岩本様から、スケジュールと安全上の注意を受けました。安全のため、施設によっては帽子やヘルメットをしっかり着用するようにとのことでした。いよいよ見学会の始まりです。

B777のランディングギア

最初に見学をしたのは、ランディングギアです。航空機が離陸・着陸するときに使う車輪を支える装置です。離着陸時にはこの部品には非常に大きな荷重がかかります。素材・構造ともに頑丈な装置ですが、安全のために定期的に整備を行っています。このランディングギアはボーイング777型機で利用しているものの一部(!)です。

小松短期大学
〒923-8511
石川県小松市四丁町ヌ1番地3
TEL:0761-44-3500
FAX:0761-44-3506
E-mail:info@komatsu-c.ac.jp