学生による「バリアフリーマップ研究会」を発足しました 

HOME>大学からのお知らせ>学生による「バリアフリーマップ研究会」を発足しました

学生による「バリアフリーマップ研究会」を発足しました2014/12/10

使いやすい小松市のバリアフリーマップの開発を目指します

バリアフリーマップとは車いす利用者やお年寄り、妊婦の方が安心して外出できるよう様々な施設のバリアフリー情報が確認できる地図のことです。

地域のために小松短大ができることは何か

このゼミは地域貢献プロジェクトの一環として発足したものであり、医療系の学生5名と指導教員の木村准教授がメンバーとなっています。使いやすい地図の条件とは何か、学生たちが主体となり100以上のアイデアを出しあいました。

車いす利用者の目線で確認しました

実際に車いすに乗り、大学キャンパスのバリアフリーの現状を調査してみると、普段は意識することのない段差も、非常に不便であったりと、様々なことを実感しました。

より良いまちづくりに向けて

今後は地域の関係機関の皆さまと連携しての研究活動も予定しています。引き続き、より安全で、住みやすいまちづくりの推進に役立てることができるよう積極的に取り組んでいきます。

小松短期大学
〒923-8511
石川県小松市四丁町ヌ1番地3
TEL:0761-44-3500
FAX:0761-44-3506
E-mail:info@komatsu-c.ac.jp