ワークショップ「自分の未来図を描いてみよう」を実施 

HOME>大学からのお知らせ>ワークショップ「自分の未来図を描いてみよう」を実施

ワークショップ「自分の未来図を描いてみよう」を実施2013/12/2

男女共同参画社会とは

小松短期大学では、石川県県民文化局男女共同参画課のご協力を受けて、男女共同参画社会の実現に向けたワークショップを実施いたしました。男性も女性も、意欲に応じて、あらゆる分野で活躍できる社会を男女共同参画社会と言います。具体的には、職場や家庭そして地域で、ひとりひとりが自分らしく輝ける人生を送れるような社会であり、男性も女性もともに物事の決定に関わることのできる社会のことです。

固定的性別役割分担意識

このような社会の実現に大きな壁となっているのが、一人一人が持っているこの意識です。男性や女性といった性別を理由にして、各自の役割を固定的に分ける考え方をさしています。このような意識が広まっていると、女性の可能性が制約されるだけでなく、男性にとっても生きにくい社会になっているとの話がありました。

ワークシートを使っての振り返り

講演および石川県若手職員の経験談を聞いた後、学生は準備されたワークシートを利用して、自分の意識を見つめ直す機会を得ました。「男は家庭より仕事を優先すべきだ」「力仕事は男、繊細な仕事は女がすべき」などといった質問事項に回答した後、「男性は仕事、女性は家事に専念すべき」という考えに対する意見と理由を数名の学生が発表しました。

小松短期大学
〒923-8511
石川県小松市四丁町ヌ1番地3
TEL:0761-44-3500
FAX:0761-44-3506
E-mail:info@komatsu-c.ac.jp