石川・ルクセンブルク学生交流事業 報告会 

HOME>大学からのお知らせ>石川・ルクセンブルク学生交流事業 報告会

石川・ルクセンブルク学生交流事業 報告会2013/5/18

参加学生3名が報告

前年度に石川・ルクセンブルク学生交流事業に参加した学生3名による報告会を開きました。
このプログラムは、小松空港にルクセンブルクの国際貨物航空会社カーゴルックス社が乗り入れていることが縁で始まったもので、平成24年度で小松短大生の参加は6回目を数えました。報告会には、学生交流事業を担当している石川県及び小松商工会議所の担当者の方も出席されました。

8月に日本で受け入れ、翌年2月?3月にルクセンブルクを訪問

平成24年度のプログラムでは、2012年8月17日?26日まで小松短大生3名の家庭に、ルクセンブルクの学生3名がホームステイし、日本文化を体験しました。2013年2月25日?3月7日には小松短大生がルクセンブルクを訪問し、日本で受け入れた学生の家庭にホームステイしました。ルクセンブルク訪問に際しては、世界遺産のルクセンブルク旧市街だけではなく、パリ(フランス)、トリーア(ドイツ)への観光も行いいました。参加した3名の学生は、1年生全員を前にやや緊張しながらも、スクリーンを使って受け入れ時の苦労やルクセンブルクでの貴重な経験などを語ってくれました。

今年度の参加学生3名を募集

最後に、この事業が平成25年度も実施されることが発表され、募集の呼びかけがありました。報告会終了後には、1年生に感想文を書いてもらいましたが、ルクセンブルクに興味を持った、今回報告した3名の学生の行動力に感銘を受けた、といった感想が数多く見られました。

小松短期大学
〒923-8511
石川県小松市四丁町ヌ1番地3
TEL:0761-44-3500
FAX:0761-44-3506
E-mail:info@komatsu-c.ac.jp