「地域創造学」で和田小松市長が講義 

HOME>大学からのお知らせ>「地域創造学」で和田小松市長が講義

「地域創造学」で和田小松市長が講義2011/7/13

小松市「10年ビジョン」

7月11日(月)の「地域創造学」の授業は、和田慎司小松市長による講義で、今年6月に小松市が策定したばかりの「10年ビジョン」について説明していただきました。
日本一「たくましい」まち、日本一「おもしろい」まち、日本一「ここちよい」まちを目指して、小松の魅力を高めていくと力強く述べられました。
小松空港は日本海側最大の空港であり、チョコレートのゴディバが小松空港を全面的に使用するなど航空貨物の国際物流基地としての役割がますます増していくとのことです。また、小松短大の位置する粟津地区は、コマツ粟津工場や南部工業団地があり、南部の交流拠点として、小松駅、小松空港と共にトライアングルを形成するとのことでした。

人と人とのつながりが大事

世界で白い山と言われる山は3つしかない、小松市にある白山、ヨーロッパアルプスのモンブラン、中国と北朝鮮国境にある白頭山の3つだけである、というのは今まで気づかなかった新しい見方でした。
これからはITからICT(情報通信技術)の時代となり、スマートフォンや、iPadなどのタブレット端末の活用が時間や距離を縮めていくと説明され、本学ICT&ビジネスステージの目指すところとも共通しています。
最後にどんな時代になっても人と人とのつながりが大事であることは変わらない、と強調されました。

小松短期大学
〒923-8511
石川県小松市四丁町ヌ1番地3
TEL:0761-44-3500
FAX:0761-44-3506
E-mail:info@komatsu-c.ac.jp