国際交流大学案内

HOME>大学案内>国際交流

国際交流

海外の大学等との交流事業や学生の留学支援を行います

小松短期大学では、世界各国の大学等と交流を図り、そのネットワークを活用して交換留学、海外研修など国際交流の機会を学生に提供していきます。平成27年4月現在、建國科技大学(台湾)とプリンスオブソンクラ大学(タイ)と大学間協定を結んでいます。

建國科技大学(台湾)

建國科技大学は台湾彰化市にあり、学生数は約11,000人で、工学系、美容系、そして国際系など多彩な学科がある大学です。海外協定も15カ国35校と締結しており、本学で36校目となります。本学の航空・観光ホスピタリティ、ICT&ビジネス、生産システムの3ステージを中心とした学生の短期交流を行います。

プリンスオブソンクラ大学(タイ)

プリンスオブソンクラ大学は、1971年に設立された、タイ南部に5つのキャンパスを持つ総合大学です。本学との交流の中心となるホスピタリティ観光学部は、20年の教育実績を有し、授業はすべて英語で行われ、ヨーロッパや他のアジアの国々などと国際交流を展開しています。本学との具体的な連携事業については、今後両校で協議を進めていきます。

ルクセンブルク交流事業

小松空港にルクセンブルクの国際貨物航空会社が就航したことがきっかけで、石川県とルクセンブルクの間で学生交流事業が始まりましたが、2007年からは本学が石川県の代表となっています。例年8月に本学の学生3名の家族がホストファミリーとなり、ルクセンブルクの学生をそれぞれ約10日間受入れ、翌年の3月には、本学学生がルクセンブルクに派遣され、家族ぐるみの交流を行っています。派遣時には、事前の語学研修や日本大使館への招待など、大変有意義な経験をすることができます。

海外語学研修

本学では新たに海外短期語学研修に対する奨学金制度が発足し、平成26年度にはカナダ・バンクーバーで2名の学生が2週間の語学留学を行いました。語学力の向上や国際的な視野の獲得など、グローバル人材を目指す上で貴重な経験となりますので、平成27年度はより多くの学生を送り出す予定です。

カンボジア遺跡整備事業でのインターンシップ

カンボジアには世界遺産のアンコールワットがありますが、その遺跡整備事業に携わるインターンシップが金沢大学により行われています。本学では金沢大学の協力を得て、平成27年度よりこのインターンシップに学生を派遣する予定です。異文化を学ぶだけでなくキャリア形成にも役立つプロジェクトです。